脱毛サロン

脱毛サロンで受けることのできる脱毛方法の仕組みを学ぶ

脱毛をするには、セルフケアと医療機関(脱毛クリニック)で行う医療脱毛の他に、脱毛専門の脱毛サロンが選択肢になります。
そこで今回は、競争が激しい脱毛サロン業界で提供されている脱毛方法について、その脱毛方法の仕組みを簡単にご紹介したいと思います。

光脱毛(フラッシュ脱毛)

光脱毛は、レーザー光よりも威力の弱い光を照射して、ムダ毛を生やす元となる毛母細胞の機能を徐々に弱めていく脱毛方法です。
レーザー光は目にあたると失明する可能性があるくらい取り扱いに注意を要しますが、光脱毛の光にはそこまでの危険性がないため、医療機関でなくても取り扱いが認められています。
光脱毛は、大きくSSC方式とIPL方式に分類されますが、両者の効果にそれほど変わりはありません。
その光脱毛の効果は、医療脱毛と比べると効果が低く脱毛完了まで時間がかかることは否めません。
しかしながら、その分安価で気軽に利用でき、脱毛専門であるために様々なコース設定がなされ、利用者のニーズに即したサービス提供が図られています。

ワックス脱毛

ワックス脱毛は、光脱毛と異なり永久脱毛を目指すものではなく、一時的な脱毛方法です。
その名の通り脱毛専用に開発された粘着力の高いワックスを肌に塗布して、ワックスの中にムダ毛を取り込んでワックスが固まったところで一気に剥がしてムダ毛を毛根から引き抜きます。
したがって、時間が経てば、必ずムダ毛が再び生えてきます。
とはいえ、広範囲を一度に脱毛できて、手間も時間もかかりませんし、費用も安価です。また、毛根から抜くため次のムダ毛が生えてくるサイクルは長くなり、脱毛効果は比較的長く感じることができます。
ただし、一度に施術するため肌への負担も大きく、痛みも相当感じますから実施には覚悟が必要です。

脱毛サロンの主流は光脱毛

現在のような大手の脱毛サロンが何社も競争する状況が生まれたのは、光脱毛が開発された結果です。
このような状況は利用者にとっても、安価で気軽に利用できるのでうれしいですよね。
是非、脱毛を検討される際には、脱毛サロンも選択肢の一つとして検討してみてください。

関連記事