ムダ毛自己処理

肌トラブル対応をしっかりすれば、自己処理脱毛もうまくできる

ムダ毛処理のためにエステに通って処置するなんて贅沢!と思う人もいるでしょう。時間を惜しまずカミソリやシェーバーで自己処理すれば効果は同じだと思っていませんか?意外と知られていない自己処理による肌トラブルや肌へのダメージを紹介しましょう。

自己処理によるかゆみ、かさつきと肌荒れ

ムダ毛処理は肌にダメージを与えます。カミソリなら思い立った時にササっと処理できるので手軽で便利。処置後にクリームを塗ってもかゆみに悩んでいる方もいるでしょう。カミソリによる自己処理は、肌を保護する大事な角質もそぎ落としてしまいます。
そのため、肌が炎症をおこし、埋もれ毛(埋没毛)や炎症(毛のう症)を起こすこともあります。その場しのぎの処置で済ませてばかりいると皮膚トラブルに悩むことになるので肌に負担をかけない脱毛方法をお勧めします。
自己処理派の女性は、1日おき、2日おきに行っています。入浴ついでに処置しているようですがこの頻度で角質をおとし続けると肌の抵抗力が落ち、女子力低下にもなりかねません。
脱毛=女子力アップを図るなら、自己処理派から脱毛エステ派になることをお勧めします。

カミソリ負けしない自己処理の方法

エステ派になりたくても金銭的に難しい方もいるでしょう。そんなあなたのために、かゆみを予防できる自己処理方法を紹介しましょう。
新品のカミソリを使えば、清潔なので刃の雑菌が肌に入り込むことはありません。剃る前に体を清潔にしておくと雑菌をさらにカットできます。自己処理前にホットタオルで処置する箇所を温めてからシェービングクリームを塗るとカミソリ負けの予防になります。
剃った部位は炎症を起こしている状態なので保冷剤などですぐに冷やしましょう。もしカミソリ負けしてしまったら悪化を防ぐためにも飲酒、運動は控えたほうがいいでしょう。

おすすめはプロの脱毛かカミソリ負け対策バッチリの自己処理

脱毛によるもろもろのトラブルを避けたいなら脱毛サロンなどのプロの施術がお勧めですが、自己処理する場合は炎症を起こさない方法で行うようにしましょう。剃る前は温め剃った後は冷やすこと。ちょっとした工夫で脱毛による肌トラブルを防ぐことができますよ

関連記事